logo
AgileLab

スーパーエンジニアによる
アジャイルでラボ型の開発サービス

アジャイルで、
ラボ型のフルスタック
ソフトウェア開発サービス
シリコンバレーで
豊富な経験を持つ
アーキテクトが担当
熟練の
プロジェクトマネージャ
(PM) が管理
クラウドソーシングで
厳選して採用した
スーパーエンジニアのみ在籍
人月の準委任契約で、
受け入れやすい金額から
対応可能
広告代、
エージェントの
仲介手数料は一切なし
希望に見合う開発者やエンジニアが見つからない
新しいアプリや機能を開発したいが、希望する 言語・プラットフォーム・ライブラリに対応できるエンジニアがいない
正社員採用に1〜2ヶ月かかるため、その間のビジネス機会を損失する
エンジニア募集の広告費・エージェントへの仲介手数料が高い
募集広告に問い合わせは来るが、実際の採用に繋がりにくい
求めるスキルとのミスマッチが起こらない
コスト= 一般的なエンジニアへの給与/報酬分の実費のみ (広告費、仲介手数料無料)
即戦力として実働し、ソフト開発のニーズに合わせて契約の更新が可能

ソフトウェア開発会社


課題

iOS版のソーシャル・メディア・アプリを既に開発済だったが、Android版の提供を行いたいと考えていた。

導入結果

アジャイル・ラボに委託することにより、 Android版のアプリ開発をスムーズに行うことができたiOS 版とAndroid版の両方を提供できるようになり、ビジネス拡大にも大きく貢献した。

クレジットカード会社


課題

カード利用者向けに提供しているアプリ(iOSおよびAndroid)の新しい機能の追加やバグ修正が頻繁に発生するが、必要なスキルを有した開発者をなかなか採用することができない。

導入結果

  • アジャイル・ラボが、アプリの稼働維持業務を継続的にサポート
  • アジャイル・ラボのネットワークをいかして開発者の採用を行い、開発者の採用問題を解決

受託・派遣型
ソフトウェア開発会社


課題

顧客から委託されるプロジェクトの種類は多岐に渡り、その都度必要なスキルを有したエンジニアを確保・マネジメントする必要がある。

導入結果

アジャイル・ラボと協業することで、既存プロジェクトに加えて新規プロジェクトに対応できる高度な人材を常に確保できるようになった。

eコマース会社


課題

以下の技術を用いた、継続的な機能追加とコードメンテナンスが必要。

  • Java/Spring Frameworkとeコマース向けのHTML/CSS/JavaScriptのライブラリーを利用
  • CMS とPHPでのカスタマイズが必要なWordPress 上のブログが稼働

導入結果

アジャイル・ラボが、複雑なシステムに対応できるプロジェクトマネジャー(PM)と開発者を複数紹介し、システムの新しい機能開発を支援した。

不動産管理会社


課題

基本的なAI機能を盛り込んだ新しいサービスを開発する必要があった。このサービスは全く新規のもので、ソフトウェア開発ベンダーとの協業が不可欠だった。

導入結果

アジャイル・ラボは、以下のようなソフトウェア開発工程の全体を統括した。

  • 十分なスキルと豊富な経験を有したソフトウェア設計者(SA)とプロジェクトマネジャー(PM)が、要件定義と設計を実施
  • 実装、必要な技術要件に見合うスキルを有したエンジニアをマネージメントしてテストを実施

顧客管理(CRM)システム
ソフトウェア会社


課題

Apple 社のマーケティングプログラムに参加するために、Apple 社のプラットフォーム群(macOS、iOS およびwatchOS)のアプリを大幅に改善する必要があった。

導入結果

アジャイル・ラボと協業したことで、要件を正しく理解して的確な設計を行うソフトウェア設計者(SA)と、必要な機能を実装するための技術を有した開発者をアサインすることができた。

「アジャイル」の意味は?

「アジャイル (Agile)」とは英語で、フレキシブルに、素早くかつ簡単に変更を適用できる能力を意味します。「アジャイル」は同時に、ソフトウェア開発手段の一つでもあり、変化するビジネスニーズに応じて継続的に新しい特性を加え、既存の機能を修正・改善するプロセスのことをいいます。これは、その変化に対する適応性や、システムやアプリケーションのアップグレードや新規立ち上げの際の即時リリースのため、多くの企業にとって好まれるソフトウェア開発の手法とされています。

「ラボ型」とは?

ラボ型とは、長期に渡る継続的なソフトウェア開発の際などに交わされる業務委託契約のことです。開発の実際の細かく作業内容を、進行中のプロジェクト自体の間中で捉えて、お客さんからの指示で従うことができます。社員を雇う体制と似てて、マネージャーはその社員に対し定期的にレビューを行い、タスクを与えます。同様にラボ型は人月単位での契約を行いますが、プロジェクトに責任を持ってより大きな規模の仕事を管理遂行する能力を持ったチームを組織できる点が異なります。結果として社員を雇うのと同じ労力で、はるかに規模の大きな製品やプロジェクトの引き渡しを可能にします。

アジャイル・ラボ とは

アジャイル・ラボは日本企業向けのシステム・アプリケーション開発サービスです。クライアントより委託を受けた全ての案件は、熟練のアーキテクト(設計者)により高いレベルで遂行され、プロジェクトマネージャー (PM) により正確に管理されます。プロジェクト遂行のためのスキルと知識を持つ開発者は、厳しい審査基準を通して選ばれます。コストは企業様にとって受け入れやすい、開発者1人ごとの月ベース単価をご提案しています。

社員やフリーランスのエンジニアを雇うか?アジャイル・ラボに依頼するか?

正社員を雇うには通常約2ヶ月かかります。それによってもし、新しいアプリや機能を市場に出すタイミングが遅れるのであれば、貴社は莫大なビジネスの機会を失いかねません。

フリーのエンジニアは比較的早く雇うことができますが、ただし、社員と同様、広告費やエージェントの仲介手数料にコストがかかります。

社員やフリーのエンジニアを雇用する際の特に大きな問題点は、個々の持つスキルが特定的であることです。開発には言語・プラットフォーム・ライブラリー・フレームワーク・APIs・等々、それぞれの分類ごとに膨大な異なりがあり、1人でその全てを網羅できている開発者はいません。それはつまり、もし貴社が既存のエンジニアに彼らが知らないライブラリーやAPIs開発をアサインしようとするならば、まず彼らがそれを学びマスターするために相当な時間を要することになります。

アジャイル・ラボはそこで、貴社のプロジェクトのニーズに特化した精鋭の専門エンジニアを選び出し、この問題を解決します。アジャイル・ラボはシリコンバレーで経験を積んだアーキテクトが、クラウドソーシングで最高レベルのエンジニアをサーチ⇨判断⇨決定しているため、このご提案が可能になります。

アジャイル・ラボには、貴社が開発中のプロジェクトにフィットする最適な開発者がいます。「スキルのミスマッチ問題」は全面的に解決します。私たちが厳選した開発者たちは、貴社のプロジェクトの言語・プラットフォーム・フレームワーク・ライブラリー・APIs、これらの全てにおいて、徹底的に特化された知識を持っています。

どの技術分野に精通していますか?

弊社はフロントエンドからバックエンドまで全ての領域をカバーする、フルスタック開発サービスを提供しています。

全ての領域とはつまり、Web (HTML, CSS, JavaScript - React / Vue / Angular, etc.), モバイル (Apple iOS/iPadOS/watchOS, Android) 、サーバーアプリ(Java, PHP, Ruby on Rails, etc.) 、データベース (MySQL, PostSQL, MongoDB, ElasticSearch, etc.) 、ビッグデータ、アドテク、AI/ML (人工知能・機械学習)、FinTech / ブロックチェーン、IoT、等々を意味します。

どうしてスキルのミスマッチが起こらないと言い切れるか?

当社のソフトウェアアーキテクト(SA)はシリコンバレーで豊富な経験を持つ専門家で、プロジェクトマネージャー(PM)はチームメンバーの見極めや選考、採用、さらには日本国内外においてクラウドソーシングを利用した開発者のマネジメントに熟練しています。このSAとPMの豊富な経験とクラウドソーシングで、私たちは最高スキルのエンジニアを採用し、どのような専門分野の要求にも応じることが可能です。

いつからプロジェクトで業務を開始できますか?

最短3営業日で業務を開始できます。
お問い合わせ・資料請求
キャピタル・テン株式会社
© 2019 CapitalTEN Corporation
All Rights Reserved
キャピタル・テン株式会社
© 2019 CapitalTEN Corporation
All Rights Reserved